広島の餅屋、河岡食品です。誕生餅、赤飯、和生菓子(おはぎ、桜餅など)やってます。

河岡食品 |広島|安佐南 |餅|桜餅|赤飯|祝餅|誕生餅|一升餅|おはぎ|

>
>
広島きなこのわらび餅

夏のロングセラー商品。一味違うわらびもち。

「広島きなこの手切りわらび餅」

 

なんと、河岡食品で1年間を通して最も売れている、No.1商品です!!!

販売期間は4月~8月ですが、1年で1番売れています。

 

愛され続けているわけは…

①広島県産きなこ

広島産大豆が、粉屋さんの独自の製法でおいしいきなこに大変身!

大豆本来のうまみが引き出されています。

そして、低温焙煎のため、明るい色をしています。

そんな特別なきなこを、惜しげもなくたーーーーーっぷりかけています。

わらび餅を食べ終わったあとに残ったきなこも、ぜひスプーンですくって食べてね♪

(牛乳にまぜて飲むのもオススメ!)

 

 

②広島天然地下水

 

かわおかは、わらび餅だけでなく、すべての商品に天然地下水を使っていますが、

わらび餅の主成分は水ですので、

美味しさをしっかり感じて頂けると思います♪

もちもちで柔らかく、口のなかでとろけるようなわらび餅をご賞味くださいませ!

 

③手切り

工場スタッフが、解凍したての冷たいわらび餅を1つ1つ切ります。

工場は品質を維持するため夏も冷房がしっかりきいていますので、わらび餅を切るスタッフの手は真っ赤になります。

そうやって機械でなく手で切ることで

1粒ごとに個性が出て、飽きのこない味になるのではないかと思います。

大粒のわらび餅と小粒のわらび餅、皆様はどちらがお好みですか?

 

河岡食品 手切りわらびもち   河岡食品 手切りわらびもち   河岡食品 手切りわらびもち   河岡食品 手切りわらびもち

河岡食品 手切りわらびもち

 

 

対面販売などで、黒蜜つきのわらび餅も販売しています♪

島県産きなこの原料の大豆

広島県産きなこの秘密を大公開!

 
大豆の収穫のタイミングは天候等に左右され予測がつきません。
そんな中、奇跡的に収穫中の現場に遭遇!
まさにミラクル(^◇^) ヤッター!
  広島県産きなこの原料となる収穫前の大豆です。
こんな姿だったなんてみなさんご存知でした?

 

 
殻をむくと中から大豆が・・・   立派な大豆です。
広島産の大豆はあまり多くは生産されておらず、数が限られています。

 

 

…そんな貴重な広島産大豆を使ったわらび餅!!

4月~8月は、各スーパーへ出荷していますし、対面販売や直売所でも販売しております。

ぜひお召し上がりください♪